ツルギチシンジのブログ 美容師の哲学

現役美容師として生きていく中で学んだ考え方

美容師の実績の上げ方 考え方

美容室はお客様が来店し、技術、サービスに満足していただき売り上げが発生する

 

 

価値と価格のバランス

 

 

大事なのは、技術、サービスに満足いただくということ

 

 

ヘアスタイルを作っておわりではなく、作り始めるときから、次にまた来てもらえるかの勝負が発生していて、作り終わったときに判決が下される

 

 

f:id:tsurugichishinji:20181220104917j:image

 

 

結局は

 

 

人対人の商売は、数字なんてすぐにあげられないし、結果なんてコントロールできないってこと

 

 

何か手を打つという時に、単価があがるセットメニューを組むのではなく、キャンペーンをやるのではなく、広告をばらまくのでもない

 

 

人対人だから

 

 

一番大事なのは『人の心を動かす』ということ

 

 

 

それでも、なかなか難しいだろう

 

 

自分なら、昨日会ったばかりの人に心は動かされないと思う

 

 

どんなに技術が上手くても、接客が良くても、まだ出会って間もない人や人や、中身のない人にはなかなか心は動かない

 

 

だからこそ、今目の前にいるお客様に、向き合うことがとても大切じゃないだろうか?

 

 

 

f:id:tsurugichishinji:20181220221636j:image

 

 

何年も通っていただいているお客様もいるでしょう

 

 

昨日今日会った人の心を動かすより、ずっと通ってくださってる方にもっと伝えなきゃいけない

 

 

自分の仕事に対しての想い

 

 

 

 

あなたとこういう関係になっていきたい

 

 

自分なら、髪の毛を切る以外にもこんなお手伝いができますよ

 

 

ってことを伝える

 

 

今こんだけSNSが流行ってしまって

 

 

外に向けて発信する手段が増えたのはとても良いことだと思う

 

 

自分が美容師なって数年は、平日暇な時は駅に行ってリーフ配りだったからね

 

 

意味がないとは言わないけれど、時間のコスパはめちゃくちゃ悪いと思う

 

 

それよりは良くなった

 

 

でもね、それはあくまでも『外に対しての動き』

 

 

昔なら、お客様がリーフを受け取り、興味を持って電話する

 

 

今なら、ネットで検索し、可愛いスタイルがあったから、ネット予約をする

 

 

ここはすごく変わった

 

 

でもこの後がポイント

 

 

ご来店された後に関しては、昔も今も大事なことは然程変わらないのんじゃない?

 

 

新規集客ということに関しては、色んな手段が目まぐるしいスピードで回っている

 

 

 

来店された後は、今も昔も真剣勝負

 

 

 

自分の技術を駆使してヘアデザインを作ること

 

 

 

信頼してもらい、また次も来たいと思える空間を作り出すこと

 

 

 

気持ちよく美容室を出れるかどうか

 

 

 

外に対しての行動意識が強い今だからこそ、一度でも来店されたお客様をもっと大切にしなきゃいけない

 

 

 

『今自分に足りてないのは何なのか?』

 

 

こういった毎日の問いの積み重ねで、技術とマインドは確実に高めていけるし、それが1年継続できたときに、初めて実績は上がっていくのではないだろうか?

 

 

 

もっと自分の周りにいるスタッフに伝える言葉を変えよう

 

 

 

目の前の集客や売り上げではなく、1年経ったときにどんな人になっていてほしいのか?

 

 

 

言葉が変わると、行動が変わる

 

 

 

そして、お互いのビジョンを共有していく

 

 

 

そうすると、店としてのビジョンも、会社としてのビジョンも広がっていく

 

 

 

今日の上にしか明日は築けない

 

 

 

だからこそ、残り10日を1日1日大事に過ごす

 

 

 

周りの支えてくれる人と、年末忙しい中来てくださるお客様にめちゃくちゃ感謝する

 

 

f:id:tsurugichishinji:20181220221835j:image

 

 

そうすれば、2019年最高のスタートダッシュが切れそうな気がする