ツルギチシンジのブログ 美容師の哲学

現役美容師として生きていく中で学んだ考え方

サロンワークに必要な力【空間認識能力】について

【空間認識能力】という言葉を聞いたことがあるだろうか

 

 空間認識能力(くうかんにんしきのうりょく)とは、物体位置方向姿勢大きさ形状間隔など、物体が三次元空間に占めている状態や関係を、すばやく正確に把握、認識する能力のこと。

空間認識能力 - Wikipedia

 

 

自分はこの能力こそが、美容師がサロンワークを充実させるのに必要不可欠な能力だと思っている

 

 

f:id:tsurugichishinji:20190321100210j:plain

 

空間認識能力とは?

 

 

3月

 

 

1年の中で1番忙しい月でもある

 

 

卒業式などのイベントごとも多く、新人が入ってくるのも4月なのでどこの美容室も3月は人がたりないのではないだろうか?

 

 

中学や高校を卒業してカラーをしにくる子や、就職前に髪を暗くする社会人

 

 

土日は特にサロンのなかにお客様が溢れかえっている

 

 

いつもなら嬉しい状況だが、スタッフ側の手が回らなくなると店内の雰囲気はとても悪くなる

 

 

『やばい…結構待たせてしまってる…』

 

『そろそろシャンプーしたいけど、誰か手が空かないかな…』

 

 

こんなことを考えながらカットしていてもお客様と質の高いコミュニケーションなんてとれるわけがない。会話自体も減り、ドライヤーの音と店内のBGMだけが鳴り響く

 

 

忙しすぎると、スタッフはそのうち、とりあえず自分の担当のお客様を守ろうとする

 

 

自分のお客様を待たせないように、自分のお客様を不快にさせないように

 

 

それを続けていくと、最終的には予約を制限するしかなくなってくる

 

 

自分のお客様を自分で守れる範囲で予約をとっていく

 

 

もしかしたらそれも一つの方法なのかもしれない

 

 

お客様側からしても、自分の担当者がシャンプーからブローまで、全部やってくれたほうが嬉しいのかもしれない

 

 

一時期それが売りの美容室も流行ったと思う

 

 

でもちょっと待って

 

 

僕ら美容師は日々技術を高めるために色んな投資を自分にしている

 

 

それは、営業前後の練習だけではない

 

 

休みの日の講習も、遠くても都内まで行くし

 

 

普段も何気なくファッション誌に目を通したり

 

 

インスタで今流行っているものをチェックしたり

 

 

時間とお金はすべて自己投資

 

 

なぜそこまでして、勉強し続けるのか

 

 

それは単純に、自分の技術で沢山の人を今よりももっと幸せにしたい

 

 

シンプルにこれだけ

 

 

でも、もし予約を自分一人でできる範囲で制限しなければならないとしたらそれは矛盾しているのではないか?

 

 

どれだけ自己投資しても、幸せにできる人は限られている

 

 

もしそうなった場合、選択肢は2つしかない

 

 

限られている人たちから今よりも多くの金額を頂くか、自己投資をやめるかだ

 

 

僕たちはこのどちらも望んでいない

 

 

自分の技術で沢山の人を今よりももっと幸せにしたい

 

 

やりたいことはこれだけ

 

 

前置きが長くなったが、この両方を手にするための能力が【空間認識能力】

 

 

これを知ったのは確か【シュート】というサッカーマンガだった(黒子のバスケでも出ていた)

 

 

空間認識能力をスポーツでわかりやすく言うと

 

 

フィールドを俯瞰(フカン)で見れる能力

 

f:id:tsurugichishinji:20190321100327j:plain

 

フィールドをまるで上から見ているような視野の広さを持つことで、より全体の状況を把握できる(鷹の目、鷲の眼とかで例えていた気がする)

 

 

 

なぜ美容師に必要なのか?

 

 

これがあるプレイヤーが自店に何人いるかで、美容室内の安心感は変わってくる

 

 

この能力が高いと

 

  • 今どの担当者に何人のお客様がいて、それぞれのメニューは何か
  • ヘルプをしているアシスタントはいくつの仕事をかけもっているのか
  • 放置中のお客様はあと何分後に流すのか(全ての)
  • 待合にいらっしゃるお客様は、何時のご予約で何時にいらっしゃったのか
  • 次の時間帯にはどの担当者のお客様がいらっしゃって、お店全員で何人になるのか

 

これらを把握できるようになる

 

 

主観で現場を見るのではなくお店の天井から見渡すようなイメージを持つことにより、サロン全体の流れを自分でつくることができるようになる

 

 

すると、サロンの1時間後、2時間後の予測がついてくる

 

 

つまり、空間認識能力を高めることにより、見聞色の覇気みたいなものも習得できるめちゃくちゃ魅力的な能力なのだ

 

 

この能力を高めるには、【頭の半分で目の前のお客様を、残りの半分で全体のお客様を担当する】ということで高まる

 

 

頭の中の半分は目の前のお客様に全力で、残りの半分で、他の全員のお客様を考えながら仕事をする

 

 

絶対的なスピード感、パズルをやっていくように施術時間、放置時間、仕上がりの時間をすべて把握し、ゲームメイクをしていく司令塔の役割を持つ

 

 

サロンワークはチームプレイでつくっていくもの

 

 

トップがプレイヤーだと、なかなかこうはいかない

 

 

司令塔として、サロン全体を把握して、スタッフが安心して目の前のお客様に全力を注げる環境をつくる

 

 

そうすれば、きっとお客様は全員満足して帰ってもらえるはず

 

 

 

スタッフが求めているのは予約を制限して自分のお客様を守ることじゃない

 

 

仕事をする上での安心感だ

 

 

安心感さえトップがつくることができれば、スタッフは今まで以上に魅力的な表情でサロンワークをしてくれる

 

 

トップが美容師として魅力があれば、売上はつくれるかもしれない

 

 

でも、サロンの雰囲気までは一人ではつくれない

 

 

サロンの雰囲気はスタッフ全員でつくるもの

 

 

スタッフひとりひとりが自分でつくりだすものだ

 

 

今、流行るサロンにするために【空間認識能力】は絶対必要な能力だ

 

 

いつもありがとうございます